赤字の自営業者でも借りれる住宅ローンがある銀行はどこ?

マイホームを建てるという事はひとつの夢ではないでしょうかですが、その前に必ず住宅ローンの審査が必要です。

数千万円の現金を用意するのは難しいことです。

そういった事は難しいの現状です。

ですから、一般的には審査通りやすい等自分の条件に合う銀行の融資に頼る方が多いです。

住宅ローン審査は、他のローン審査に比べて特別厳しい物だと言われています。

35年間支払いが出来ないといけないので、審査に通る人もいますが、まれに中には審査に落ちる人もいらっしゃいます。

審査に通過できない一番の理由は収入面です。

住宅ローン審査を問題なく通過するには、最低ラインで300万円以上の年収がなければいけない。

と言われています。

ただ年収をクリアしても、会社の規模や勤続年数なども大事なチャックのポイントになります。

利用者の多い住宅ローン審査通りやすい銀行等で検討中という方もいますが、それよりも固定金利か変動金利かで迷っている方が多数という事実をご存知ですか?何故ならば固定は、月ごとに決まった金額を返済すれば月々の計算もしやすく総返済額を正確に計算出来るからです。

しかし、変動は毎月の返済金額が異なるために生涯、返すべき金額を計算出来ないというデメリットがあります。

ただ、低金利の現代においておよそ4割の方はこちらを選択しているのだそうです!!これからの金利がどうなっていくのかも予測しながら、きちんと情勢を見極めて賢く選択をする必要があるでしょう。

自分の家を買うとき、だれでも最初に考える事は支払の事をどうするか。

という事だと思います。

全体的に、金利がお得・審査通りやすい等、自分の望む条件を満たした銀行から借り入れする住宅ローンを申し込む方法がおすすめです。

申請者は、一番稼ぎがある人でないといけません。

支払が生じる期間は人によっては35年もありますので銀行側も何かリスクがあった時に備えて団体信用生命保険にも加入するように言われます。

これは、申請者に何かあって支払が滞ってしまう事になった場合残った借金が0円になる。

という保険です。

マイホームの資金調達として役立つ住宅ローン、住宅ローンの申し込みは、銀行等で受け付けています。

申し込むときには、銀行に様々な資料を提出せねばなりません。

結局のところ、35年もの長い期間とプラスで多額の現金を貸すわけですから銀行側もあなたの年収や勤続年数をしっかりと審査をします。

という訳で、審査通りやすい銀行にでも申請をしておけば必ず通る。

というものではありません。

審査通ると思ってたのに通らなかったという場合もあり得ます。

気になるその基準ですけれども、一般的な基準としては勤続年数3年以上、年収300万以上が年収の最低ラインと言われています。

一生の中で最も高い買い物とも言える住宅ローンだからこそ、少しでも金利を抑えたいという方が殆どだと思います。

そこで今回は、安い価格でサービスも充実している知っていると得するお勧めの、住宅ローン審査通りやすい銀行をご案内します。

それが今、主婦の間でも話題の『イオン銀行』です。

どこよりも金利の安さが他の商品を上回り、加えて、提携先であるイオンのお店で何か買うと5%割引になるような特典があります。

他では手数料がかかる繰上げ返済も手数料なしで利用出来ます。

これ以外でもいくつか調べて比較してみても良いですね。

自分の家が欲しいと考えたとき銀行・信用金庫など金融機関で申し込み可能なマイホーム購入時の融資が役立ちます。

だけど、数ある中からどこを選べば良いのか?審査通りやすいのはどこか?迷ってしまう方も多くいらっしゃると思います。

選び方の一つの方法としては、自分が行きやすい近場のところを選んだり不動産屋と提携しているところや審査が甘いようなインターネットバンキングでも申し込みをする事ができます。

ですが、どの場合でも審査が必ずあり申し込めばだれしも審査通るもの・・・そんな訳がありません。

是非注意を!住宅金融支援機構が提供している比較的審査が通りやすいと評判のフラット35という名前の住宅ローンフラット35とは、住宅金融支援機構が一般の銀行や住宅ローン専門会社と提携して貸し出している住宅ローンで、フラット35は、最長35年間借入れ金利がが変わらないというのが最大のメリット。

特殊といっても、誰でも申し込みは可能です。

ただ審査基準が普通とは変わっています。

変わっているとはいえ、審査通りやすいかどうかはやはり年収を含めた支払い能力や信用問題は重点的にチェックされます。

また、それに加えフラット35の審査独自の特徴としてこれは、その住宅がこれからの将来に価値が出るかどうか、担保として十分かどうか、という点を重視する。

という事で審査通る基準ともなります。

これにより、一般的なローンは落ちてしまったが、フラット35なら審査が通った。

という方も多いです。

自分の家を購入するときの資金として、必要になる住宅ローンです。

申し込み方法はいたって簡単で自宅近くの銀行などでも受付可能ですし忙しく人は審査通りやすいものや利率がお得と言う口コミもあるインターネット銀行を使うというのも一つの手法です。

加えて、不動産屋と協力している銀行にするという方法もあり、自分の都合に合わせて調達できます。

申し込み後の審査に合格し、支払する時が来た場合10年間所得税の減税を受けることが可能です。

その場合は、年末調整ではなく確定申告で住宅ローン減税の申し込みをする必要がありますからね。

数年以内に住宅ローンの借り入れを希望されている方は、借りるために必要な諸経費とその他にも何が必要か調べましょう。

全体の約10%が手数料としてかかるようです。

金利の安さに目を惹かれたり、口コミで住宅ローン審査通りやすいと書かれていて申し込んでみたものの、全てを合わせたら予想していた金額よりも上回ってしまい、逆に高くなってしまったということも。

それで手数料も合わせた総返済額がいくらになるのか、全てシミュレーションで計算してから考えてみるべきなのです。

そう、例えば保証料や様々な手数料が無料の銀行では他の面で実はもっともっと高くつく場合があるので注意が必要です。

家が欲しい!思ったときに資金調達として利用できるのが住宅ローンです。

銀行や信用金庫他には審査通りやすいのならネットバンクなどからも申し込み可能です。

とはいえ、どの銀行の場合でも融資実行可能なのかどうか、という審査があります。

大事な事は職業のほか、務めている年数、年収が主なポイントになります。

あわせて、自分でも忘れているような過去の金銭トラブルなども審査基準の判断になりますので「ちょっとダメな点あるかも?」と思い当たる人はその点をきちんと整理した上で申し込みをした方が審査通る率が高くなるでしょう。

最近では様々な住宅ローンの商品が出回っており、人気の銀行はどこなのかを知らない為に、低金利の銀行や住宅ローン審査通りやすい銀行など色々あり、決めきれずにいる方が非常に多くなっています。

自分では決めかねるという方は、銀行の担当者に相談した上で借入れをするという方法も一つですがお金がかかります。

これ以外にもこれからずっと支払いをしなければならないので、わざわざ有料で相談したくないという方が多いです。

今ではFPの資格を持っている仲介者が多く、お金を払わなくてもプロの意見を聞くことが出来ます。

実際に利用している方の口コミなども参考に調べておきましょう。

現在、住宅ローンを返済中の方も、住宅ローン審査通りやすい金融機関を探している方もこれから紹介する情報とか住宅ローン審査通りやすい金融機関について聞くか聞かないかで10年後に全く変わる早速、実践して頂きたい住宅ローン減税対策をご紹介します。

審査に通れば年間で減税による30万円ほどの控除も可能になるので、途中からでも住宅ローン減税の申し込みOKなのかどうか確認をしておくといいですね!対象となる方は自分が住むために新しく家を建てた方で、もしくは中古住宅を買った方ですね。

更にローン期間が10年以上である事が必要条件!他にも細かい住宅ローン控除の条件があるので、確認しながら今より減税されるとこれからずっと楽になるでしょう。

今後、新築を購入する計画を立てている方、合わせてお金はいくら必要で、何年払い続けなければならないのか明確な数字として算出する場合はシミュレーションがお勧めです。

特別収入が入った時にそれを利用するのかどうか、何%の金利を利用し、返済期間をどれくらいに設定するのか、大体の住宅ローン返済金額を出せるので役立ちます。

予算を簡単に試算できるサービスが揃っており、人気商品をいくつか比べることも出来るので試してみて下さい。

ただ、これが明確な数字ではないので注意しましょう。

不安な点などあれば、住宅ローン審査通りやすい銀行や条件の良い信用金庫などに直接確認しておきましょう。

住宅ローンを借りるときには頭金が必要ってご存知でしたか。

頭金0円で住宅を購入出来る!と言った宣伝も目にしますが、確かに頭金0円でも購入可能でしょう。

ただし、金利が高くなって返済額が多くなり、審査も厳しいといわれます。

月々の返済を少しでも少なくしたいのであれば、頭金を少しでも貯金しておくことが審査通る・通りやすいかどうかとう面からみてもおすすめです。

頭金は目安が物件購入金額の20%と言われていますが、住宅を買うとなると他の書費用もかかりますので20%は目安として、用意できる範囲で検討すると良いでしょう。

住宅ローンを組む時はまず審査が必要です。

住宅ローンは最長35年という長い月日の返済になりますので、審査は大変厳しく厳重に行われます。

審査の合否判断には約1週間前後かかります。

「通った」「落ちた」など、結果は口頭もしくは電話で伝えられます。

審査が通りやすい銀行もありますが残念ながら住宅ローン審査が通らないと、お金を借りることはできません。

そして、審査が通れば本格的な契約に移ることができます。

契約の時は、銀行側に指示された書類をすべて揃える他実印や諸費用なども必要になります。

そして気になるのが『諸費用』!こちらは借りる額によって人それぞれなんですよね。

でも事前に銀行側から支持があるので心配いりません。

一般的には、数十万~数百万単位の金額がかかると見ておくと良いでしょう。

参考:自営業の住宅ローン審査が通りやすい銀行は?【借り換えは基準甘い?】