住宅ローンフラット35の審査は借金で落ちる?

自分の家を持つと言う事は憧れだと思います。
ですが、住宅を購入する際には必ず住信SBIネット銀行住宅ローンが提供しているフラット35の審査が必要です。
現金ですべて支払いが出来れば問題はありませんがそういう方は数少ないですよね。
ですから、一般的には銀行の住宅ローンを申し込む方が多いです。
住宅ローンの審査はローン審査の中でも特別厳しいと言われています。
最長35年という年月支払い続けるものですからやはりローンが通らない方もいらっしゃいます。
審査に通過できない一番の理由は収入面です。
住宅ローンを通過するには、最低でも300万以上の年収が必要だと言われています。
ただ年収をクリアしても、会社の規模や勤続年数なども大事なチャックのポイントになります。
万が一、住宅ローンを返済している時に失業した場合その後の返済はどのようにしていけば良いのでしょうか。
トラブルが起こっても対処できるように備えましょう。
一番は、慌てずに焦らず今の状況を確認しましょう。
クビになった原因が会社側か自分にあるのか、これによって退職給付金の支給額が大きく変わるからです。
会社側の都合であれば、1年間は失業手当が出ますので再度、就職するために探しながら返済もしていけると良いですね。
しかしながら、一回でも支払いが滞ってしまうと難しくなるので支払いを最優先にしながら他の事を進めましょう。
これから住宅ローンを組む予定のある方に、支払い方法としてボーナス払いを選択する前に注意が必要です。
高額なお金が手に入った時にまとめて返せれば、月に返すお金が減るのでとても楽になります。
但し最近の会社は確実に賞与が与えられるという保証もなく、その年によって大きく変動する場合もあります。
実はそのような理由の為にボーナスの返済を利用している人は、案外少なくトータルで見ても半分以下の方しかいないのです。
どうしても何かあった場合に備えないという方は、銀行によって可能な任意返済も視野に入れてみましょう。